8月18日(日) 沢登りに行ってきます!!
8月18日(日)に甲川に沢登りに行ってきます!!
今のところ、T局長とMatsuの2人の予定。
留守本部はyoneさんにお願いしました。



計画通り無事に帰宅しましたので、下記のとおり報告します。
            記
概要:米子でも連日35度に迫る猛暑が続いているなか、涼を求めて甲川に沢登りに行きました。
鳥取県西部では、ここ数日あまり雨が降っていないので、水量は少なめかなと想定していましたが、予想に反して、やや多めというところでした。
 気温は、沢の中で24度前後で、上の廊下あたりでは、17度くらいでした。下の廊下は、割りに暖かく、気持ち良く泳ぐことができましたが、上の廊下ではさすがに震えが止まりませんでした。

日程:香取展望駐車場集合8時→入渓8時40分→下の廊下終了10時30分頃→中の廊下11時30分頃
→上の廊下12時→堰堤13時30分→駐車場14時

b0077448_12181218.jpg
(入渓点の鶯橋にて)
 鶯橋駐車場には、鳥取ナンバーと島根県ナンバーの車が留まっており、先行パーティーがいることを知らされた。マッちゃんと、「意外と知っている人達だったりして・・・」などといいながら、遡行していくと、下の廊下最初の泳ぎの釜で、先行パーティーに追いついた。
b0077448_12214100.jpg
(写真は下の廊下 三段の大釜をへつる)
誰かな?とふと見ると、I丸さん、Y田さんほか3名のパーティーだった。意外なところで、両氏とあったので、少し驚いた。特にI丸さんは、明日、帝釈で一緒に登るというのに・・・。人のことは言えないが、「元気でんなー」と思ってしまう。
b0077448_12241177.jpg

 ちなみに、この釜の泳ぎは距離も長く、流れもそこそこありしんどい。さらにその釜からは高差1mの滝登りをする。水勢のある滝の落ち口をマントルのようなムーブで乗越すのだが、マッちゃんは難なくリードでその部分を切り抜けた。続く私は、やってみるが、水勢がきつので、流されそうになって、うまく乗越せない。マッちゃんから、「ロープ引っ張りましょうか?」というありがたいお言葉に、恥も外聞も無く、「おう、ガンガン引っ張ってくれ!」。(上の写真が核心の泳ぎと1m滝のマントル)
 この滝の先から、好意で先に行かせてもらい、どんどん出てくるゴルジュを泳ぎ主体で抜けて行き、1時間ほどで、下の廊下の核心を抜けた。
b0077448_1234386.jpg

b0077448_12373646.jpg

b0077448_12262417.jpg
(下の廊下を抜けてからある4mくらいの滝。リードで何とか登れました!!ちなみに、ハーケンべた打ちされてます)
途中、中の廊下手前で、他パーティーに出会った。この甲川の枝沢の滝を撮りにきたのだそうだ。聞くところには、水量こそないが、スケールの大きな滝なのだそうだ。
 中の廊下は、難なく越し、いよいよ最後の核心である上の廊下に突入した。ここに入ると、空気ががらりと変わり、水温までも冷たく感じる。
b0077448_12404586.jpg

 上の廊下の最初の滝は、高差は5mほどだが、つるつるのスラブから噴出すように水を落とし、その下には洗濯機のように渦巻く釜を形成している。そこに丸腰で突っ込むにはかなり勇気がいるが、マッちゃんは果敢に泳ぎで滝にアプローチして、壁に取り付いた。ビレイ中、ロープが進まなくなり、もしかして水流に飲み込まれ、水中に引き込まれてしまったのではないかと不安に思い出す頃、ロープが手繰られだし、「来い!」の合図がきた。私は、ロープで引っ張ってもらい、壁に取り付いたが、水勢は強烈で、目の前は真っ白で訳が分からない。よくこんなところ泳いだなと感心してしまう。底から上は、ハーケンが打ってあり、それを使って人口でテラスに出た。そこから再び飛び込み台のようなテラスから思い切ってゴルジュに飛び込み、上の滝を目指し泳いで、滝の側壁にぶら下がっている残置ロープにすがりつく様にして、人口で抜けた。(その上にも2・3段くらい滝があり抜けるのに50分くらいかかった。お助けロープに救われたが、これがかなり伸びて軋む。)
b0077448_1243769.jpg

〈お助けロープを切るのは誰だ?ほとんどロシアンルーレットの世界。この箇所は、万一のために、ハーケン、ハンマーを持参したほうが手堅いかもしれない〉
b0077448_12464012.jpg
その上の滝は左岸の悪いトラバースで巻き、上の廊下を抜けた。
b0077448_12435365.jpg
とたんに暖かい日差しと風を受けて、ほっとする。
 すこし歩いたところに堰堤があり、遡行を終了し、左岸のブッシュの斜面を、暑さにあえぎながら、駐車場まで登った。
b0077448_12495631.jpg

 汗だくになり駐車場に付いたときに、ふと「あの寒さは何だったのだろう?」と思った。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2013-08-16 19:32 | Comments(1)
Commented by トナカイ at 2013-08-28 07:17 x
ごぶさたですw。いーなぁ甲川!上の廊下、よく二人で越えましたねー!久しぶりに覗いてみましたけど、みなさん楽しそーですねぇ(o゚▽゚)o。
<< 黒部源流と赤木沢 8月15日 >>