2005年 冬合宿 伊豆登攀旅行記 (城ヶ崎編)
2005年 冬合宿 伊豆登攀旅行記 (城ヶ崎編)

T局長

12月28日(水)
朝、I倉氏と別れ、城ヶ崎に向かった。1時間くらいで、城ヶ崎に着いた。とりあえず落ち着く場所を確保するために、伊豆高原駅の裏手にある有料駐車場にテントを張らしてもらうように交渉した。
H内氏「僕たち3日間いるんですけど、ここにテント張っていいでしょうか?」管理人「とりあえず3日だったら駐車場代1,500円だね。テントねー・・・。火使うでしょう?」H内氏平然と「いえ、レストランで食事しますので、火は使いません。」(ゴメンナサイ・・・。今日の献立は鍋です)「そうかい。どんな大きさのテントだい?」「2人で使うためのちっちゃなテントです。」「じゃー、いいよ。張りな。」「ありがとうございます。」後は、「いやー助かったねー。親切な人で良かったねー。」と言い合いながら例のでかいテントをおもむろに張りだした。
管理人のおじさんは、ぎょっとした顔をして飛んできた。「もう500円ちょーだい!」。なにはともあれ、城ヶ崎でのいい拠点を作ることができた。ここから歩いてエリアに行けるのがありがたい。エリアまでのアプローチは、至って単純で、家族連れやカップルたちが歩くような、雰囲気のある遊歩道を辿ること10分で、懸垂下降をおこなう地点に到着し、ここから20mほど降りたところが、シーサイドである。城山もたいがい暖かいと感じていたが、こちらはその比ではないほどに暑く、ウォーミングアップでいきなり指がぬめるぐらいだった。
ウォーミングアップをタイト・ボーイ10dで行った。傾斜の強いガバガバのルートだった。ホールドは岩の摂理が横方向に発達したために丸太を横向けたような感じのホールドでこれは城ヶ崎ならではの独特のものである。岩質は玄武岩という溶岩の一種で、今から2,600年前に富士山から噴出したものであり、ほとんど風化していないような新しい岩である。
次にエアーダンスをトライした。出だしはフィンガリーで、後は岩の摂理に沿ってどっかぶりのハング帯をジグザグに登り、そのトラバースのしぐさがエアーダンスというユニークなものだ。最後には渋くマントルを返し、緩斜面に完全に立ち込んで両手が離せる状態になってから終了という中身の濃いルートだった。
これも2便目で後一手というところでフォールしてしまい、頭に来て3便目できっちり片付けた。後一手が魔の一手になってしまっている。
この日は、近所の民宿で外風呂を浴びた。本来なら500円なのだが、「クライマーです」といえば、100円ディスカウントしてくれる。時代は変わったものだ・・・・。昔は、「山屋です」と言えば、嫌な顔されて100円割増しなんてのが相場だったのに・・・。女将さんもすごい愛想が良く、帰る間際にはミカンを頂いた。
さらに、魚屋に行ってマンボウの刺身を買い、閉店間際のスーパーで半額セールされている惣菜や寿司などを買い込み夕食とした。もう、やめられません・・・。特にマンボウの刺身は、それ自体非常に淡白で、醤油にマンボウのレバーをみじん切りにしたやつを溶かし込んだタレで食べた。おいしかった。昼はクライミング、夜は土地の珍味に舌鼓を打つ。これぞツアーの醍醐味!

12月29日(木)
とうとう正月休みに入りだしたためクライマーの数もかなり増えだした。ここシーサイドだけでも100人くらいはいそうな雰囲気である。有名クライマーもかなりいる。あのK林由香ちゃんも果敢に13cの最難のルートをトライしている。
なんでもH内氏は昔の会で少し面識があるらしく、その会の先輩から紹介されて、なにやら喋っていた。そして、なんと!携帯の番号を聞いているではないか!だんだん怪しい方向に進みだしたのを察知してか、彼女のお父さんが飛んできた。ほかにも、愛媛のT本さんもおられた。T本さんは鳳来でも会ったし、国体であったりと、思いもしないところで、よくお会いするので、奇妙な縁だなと思ってしまう。
この日も10の後半でアップし、オンサイト狙いでホワイトシャーク11cに取り付くが、あえなくテンション。結構、フィンガリーで難しかった。
次に、このエリアの超3つ星ルートであるアイロンヘッド(12a)をトライする。どっかぶりの25mの長さで城ヶ崎らしいガバが続くルートであり最後がどランナウトして怖い。そんな事もあり、一人一人のトライ時間が長く、順番待ちでなかなかこっちに回ってこない。2便目でレッドポイントできたが、降りてきたときには薄暗くなっていた。
この日も風呂、スーパーで買出しとお決まりの生活をしていたら、スーパーでまたT本さんと会った。聞けば一人で飯を食おうとしておられたので、一緒に鍋をつつくことになった。この晩も、いろんな話で盛り上がった。T本さんはクライミングも強いが、あっちのほうもかなり強いということが分かった。東京に行った際には、皆で集まってH内氏お勧めスポットに行こうという約束をし、お開きにした。

明日からは、幕岩編です。お楽しみに。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2006-02-05 17:43 | 活動報告 | Comments(0)
<< 2005年 冬合宿 伊豆登攀旅... 北山公園の登攀自粛の解除について >>