8月17日 石霞渓 ボルダー開拓
Hodaです。
今日は、Ysaki修行僧と石霞渓のボルダーを開拓しに行ってきた。

午後から雨が降るらしいので、Ysakiさんは、朝7時30分には日南に来られていた。
まずは、便所岩の2号岩に行き、今年の春に島根の若者が登っていたルートに取り付く。
何とか3撃で落とした。ムズイな~。
Ysakiさんも、春からの宿題だったこのルートを早々やっつけた。

その後は、しばし1号岩(便所のすぐ上の岩)のコケ落としに夢中になる。
左から順に、
逃げずにへつって(上部は、リップをつたって頂上へ)
便所スラブ(木の左下から直上)
便所フレーク(便所スラブのスタートから、フレークを右上)
便所カンテ(ハング下からシットスタート。左のカンテへ)
さよならカンテ(便所カンテのスタートから、カンテに出ずに右のスラブへ)
ノーハンドスラブ(名前のとおり。立ち込み課題)
を設定する。


ちょっと早い昼飯を食べてから、便所のすぐ下の河原の岩にも課題を設定してみた。
左から順に、
水際(左からトラバースして、クラックを直上)
マントル(水際をトラバースせず、クラックの左のガバを直上)
オンリージャム(シットスタートから、クラックを登る)

全ルート、Hodaがオンサイト出来たので、難しくても、5級から6級。簡単な課題は7級から8級といったところ。ボルダーグレードよく分かりません。

最後に、だいぶ体もよれてきたが、Ysakiさんの希望で、対岸の2階建てエリアに行った。
僕は今年の春、1階の左上クラックを設定、やっつけているが、Ysakiさんはまだ宿題だったようだ。
Ysakiさんは、よれた体ではキツイかったようで、この日も宿題になってしまった。
僕は登れたが、出だしのホールドがかけたようで、ちょっと難しくなったと感じた。
相変わらず、グレードは分かりませんが。

そんなこんなで、指皮も痛くなってきた所でクライミング終了。
2時に自宅に着くと同時に、雨が降り始めた。

Ysakiさん、この次もよろしく~。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2006-08-17 15:34 | 大山の記録(周辺含む) | Comments(2)
Commented by mwmatsue at 2006-08-17 19:02
日南便所隊のみなさん、ご苦労様です!
僕も今度トイレ掃除に行きますけんね~
Commented by Hoda at 2006-08-19 01:36 x
お待ちしております~。
gakuさんには、特別に僕の家のトイレ掃除でもしてもらいましょう!
<< 8月22日 甲川 8月17日(木)、ボルダー予定 >>