ザイルの友
Hodaです。

ザイルという言葉は、もはや死語といったほうが良いのかもしれません。
(知らない人のために。クライミングロープのことですヨ。)
ゼルバン、ジッヘル、アンザイレンも同様ですネ。
(意味が分かる人は、オッサンの証拠。)

ま~、そんな言葉をフツーに使っていた時代から登っていた岳友が、東京から遊びに来てくれました。(山旅の途中に立ち寄っただけかもしれません。)
僕が10台の後半から、20台中ごろまで一緒に登っていた友人で、アブさん(T局長)は、ヨーロッパで一緒に登り、国内の冬壁でも度々顔を合わせていた間柄。
僕たちが、お互い鳥取に引っ越してくる前の出来事とは言え、世の中、意外と狭いもんです。

そんなわけで、28日は局長と急遽米子に繰り出し、飲んできました。
1次会、2次会、そして最後は局長の家に上がりこみ、山の話で朝の4時まで飲んでしまいました。(奥方様、ごめんなさい!)

昔はよく喧嘩もしましたが、久々の再会、嬉しかったです。
b0077448_224621100.jpg

局長(左)とTomoさん(右)。
怪しい男ですが、その筋?ではかなり名の知れたクライマーなのです。
いけない遊びからすかっり足を洗ってカタギになった僕たちからすると、いまだに生きているのが不思議な人です。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2007-08-30 23:00 | 活動報告 | Comments(1)
Commented by nawaclimbingclub at 2007-08-31 21:42
あの時は、本当に楽しく久しぶりに夜が明けるまで話し込みましたね。
米子までトモさんを連れ出してくれてありがとうございました。
<< 9月1日(土)勝山の岩場行って... TCNet情報 >>