2014年 04月 21日 ( 1 )
4/20バックカントリー(I江君バックカントリーデビューの巻)
I江君、T字で6号西沢に行ってきましたので、報告をします。留守本部はN川君に頼みました。

午前中、大山一斉清掃があり、博労座にあがってみると、まだ6号西沢には雪が残っているではないか!なんとか滑れそうだ・・・。

 今年からボードをはじめ、以前から、バックカントリー行ってみたいと言っていたI江君に声をかけ即決で行くことになった。

 15時に大山寺に集合し、夏山登山道を歩いて上がった。道には、部分的に残雪が残っている状態だった。
 I江君にとっては、中学以来の大山登山で、ボードを担いで歩くのも初めての経験。バテながらも、若さで6合目到着17時。
 17時過ぎから滑降開始。谷の入口にブッシュが出て少し滑りづらかったが、入ってしまうといつものザラメの快適な斜面だった。
 I江君は上部の急な斜面も臆することなく横滑りでクリアしていた。一年目でここまでできるのだから流石だなと思った。
 ゆっくりと味わいながら滑り、大山寺の僧坊跡まで何とか滑り降りることができた。そこからは、100m弱ほど板を担いで降りると車道に出て終了(18時頃)。
雰囲気は、エキストリームボーダー!
b0077448_1240389.jpg

上部の雪の状況。
b0077448_12421990.jpg

ターンがきまった!!
b0077448_12435780.jpg

b0077448_12445075.jpg

下部の積雪状況
b0077448_12451432.jpg

満身創痍になりながらもフィニッシュ!!
b0077448_12452754.jpg

[PR]
by nawaclimbingclub | 2014-04-21 12:46 | Comments(3)