<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2005年1月の活動報告
1月5日 小赤壁(兵庫) 佐々木、他1
      東部からは近いです。

1月7日 幕岩(伊豆) 塚本夫妻
      成果としては10bオンサイトでした。

1月8日 備中(ニューエリア) 岩波、辻
      岩波さんが12b(親の心子知らず)をレッドポイントされました。

1月9日 烏帽子岩(兵庫) 佐々木、他1
      東部からは近いです。

1月10日 備中(杉田エリア) 岩波

1月14日 新年会(辻宅) 辻ファミリー、岩波ファミリー、中村、西川、森本夫妻、佐々木夫妻
      大変に盛り上がりました。鍋もうまかったです。

1月22日 例会山行 備中(ニューエリア) 岩波、辻、佐々木

1月23日 大山スノーハイク 辻ファミリー
      稜線は風が強く、7合目で下降しました。

1月28日 備中(長屋坂)塚本、佐々木
      佐々木さんが12b(女王様)をレッドポイントされました。

1月30日 備中(長屋坂)岩波、辻、佐々木、F越

1月30日 湯原(クライミングボード) eiss
      グレードが辛すぎかも?

1月30日 大山宝珠尾根 西川、他1
      北壁は荒天で中止、宝珠尾根でトレーニングしました。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-02-24 16:56 | 活動報告 | Comments(0)
施設の場所と利用法
施設はどこにある?
←至米子・至鳥取→
b0077448_9493837.gif

米子方面から来た場合、大山町役場前を左折、鳥取方面から来た場合、大山町役場を過ぎてすぐに右折。
道は大きくループし、しばらく進むと右手に学校があり、その先の信号機を直進。
1キロほどで左手に見える施設がトレーニングセンターです。
(クライミングボードは2階にあります。)
尚、月曜日は休館日となります。開館時間 8:30~22:00

どうやって利用するの?
利用の際、お金は要りません。平成16年6月1日より、ボードを設置した鳥取県山岳協会の定めるボード維持管理費(募金)にご協力お願いします。
また、受付窓口にある名簿の誓約書の内容をよく読み、クライミングに関わる危険性と施設の維持管理に必要な事項など、よく理解し了承したうえで署名していただく必要があります。
(クライミングは危険を伴うものです。施設はもちろんのこと、鳥取県山岳協会、当クラブも一切の責任を負いません)
よく分からない人は、窓口で聴いてみてください。その際、挨拶は忘れずに!。

禁止事項
登っている人の下に入らない。
マットの上で跳ねない。
喫煙しない。
窓は開け放しにしない。
他の利用者に迷惑となる様なことの禁止(奇声を上げる、裸になる等)
ごみを放置しない。

利用後は?
使用後は、清掃をする。
ずれたマットの隙間を埋め、シートを張り直し、階段付近にあるモップを使い、ボードエリアのモップがけをしましょう。
火気厳禁、ごみは持ち帰りましょう。
窓を開けた場合、施錠を確認し、窓口に終了時間を記入し、挨拶をして帰りましょう。

使用される方にお願い
クライミングボード維持管理費にご協力ください。
募金は、管理者である鳥取県山岳協会が責任を持って、施設の維持のために使用します。

名和クライミングクラブは、鳥取県山岳協会の一加盟団体であり、当クラブがクライミングボード維持管理費を管理しているわけではありません。
クライミングを始めてみたい方は、当クラブまでご連絡ください。
連絡はこちら↓
eiger99hoda@yahoo.co.jp
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-02-14 19:53 | 施設の利用法は?
私達はこんな団体で、こんなことをしております。
名和クライミングクラブとは?
鳥取県山岳協会が、平成12年に名和町トレーニングセンターにクライミングボードを設置しました。
名和クライミングクラブとは、このボードの維持管理を積極的に行うとともに、この地域のクライミングの発展自己の技術向上を目標に掲げ、平成15年に結成されたクラブです。

どんな活動をしているの
毎月第1火曜日に、例会を行っている他、主に毎週火曜と木曜日の夜7時ごろからこのボードでクライミングをしています。
クライミング後の清掃はもちろんのこと、2ヶ月に1回はボード周辺の大掃除もしています。
インドア以外の活動としては、毎週のように、備中や帝釈等の、中国地方の岩場に通っています。

皆さんも、私達と一緒にクライミングをやってみませんか?
連絡はこちら↓
eiger99hoda@yahoo.co.jp
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-02-14 19:46 | はじめて訪れた方はこちら