<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2005年3月の活動報告
2月26~27日 KO-WALLと奥村家訪問。 辻
   久しぶりに、遊びに行き、海外でのクライミングやボードやジムについて、話をした。
    やはり、商業ジムとなると、いろいろな客が来て、ストレスがたまり、大変なようだ。
    どういう方法をとっても、ボードの維持管理は難しいようだ。(辻)

3月2日 定例会  岩波、他(佐々木不在のため参加者不明)

3月2~4日 2日、湯川白髭エリア、3日八ヶ岳広川原2ルンゼ
       4日、八ヶ岳美濃戸口河原奥の氷柱(アイスクライミングツアー) 佐々木他1
        3日は、3ルンゼの予定だったが、取り付を通過して、
        結果2ルンゼを登ってしまいました。他のエリアは、リーシュレス、フリー

3月6日 備中(長屋坂、ニューエリ) 辻、佐々木
      吹屋の娘(12c)トライするも、核心のクラックが濡れており、諦める。
      ニューエリアに移動し、ランコロをトライするも、全然、刃が立たず敗退。
      この前のトライのほうが断然良かった(2テンだったのに)・・・。(辻)

3月8日 大山北壁天狗沢(アイスクライミング) 佐々木(単独)
     天気図とにらめっこして、平日の早朝にアタック!山頂に抜けてから吹雪となり、
      縦走する方が怖かった。(佐々木)

3月12日 名和トレセン(山岳協会クライミング講習会)米村、岩波、辻、塚本、佐々木

3月13日 名和トレセン(山岳協会クライミング講習会)岩波、eiss
      
3月13日 備中(長屋坂)辻、塚本
      ついに吹屋の娘(12c)レッドポイント。登れると思ってなかっただけに、
      メッチャ嬉しい。将軍様(12d)を2回トライする。
      塚本君、99(11b/c)トライ。2回目、核心部を順調にこなし、
      あわやレッドポイントかというときに、スタンスが欠けフォール。不運!!(辻) 
           
3月14日 備中(2ルンゼ) eiss、佐々木
      時間よとまれ(12a)を落としに行くも、前日に大雪が降り、
      備中に行くまでに体力を使い果たし、成果なし。(佐々木)

3月19日 備中(ニューエリ) 塚本、佐々木
      佐々木さんが、時間よとまれ(12a)をレッドポイントされました。
      塚本さん、二度目の春(11b)1テンで登り、レッドポイントにリーチ。

3月19日 備中(長屋坂)辻、森田
     将軍様3回トライ。2テンまで、漕ぎ着ける。内心、「いける!!」とほくそ笑む。    
    森田さん、初めての備中にも関わらず、アルパインクライミング魂で、
     5.9や10前半代を、順当にレッドポイントされていた。さすが、岩慣れしてる。
  家族、3月末実家に帰っていく。思わず、大声で「アディオ~~ス」と叫びたくなる(辻)

3月20日 備中(2ルンゼ) 岩波 
      フェイス、半バナ、ぬれ棒、寺島、9、10aなどを登りました。(岩波)

3月20日 大山(夏道) 辻ファミリー 

3月20日 大山東壁壁沢左岩稜 佐々木、他2
      昨年からの課題だった東壁に登りに行く。天候も持ってくれて良かったです。
      弥山山頂で辻ファミリーと合流。みんなで記念撮影をしました。(佐々木)
 
3月27日 備中(2ルンゼ) 岩波、佐々木
      フェイス、バナナおくれ、ぬれ棒、寺島、9、10a、etc

3月30日 名和クライミングクラブ幹部会(来年度新体制について)
     
3月31日 備中(2ルンゼ) 岩波、佐々木
 バナナおくれ、寺島、ダンゴ、像鼻、半バナ、と、この日も8便ぐらい登りました。(岩波)
      佐々木さんが、バナナおくれ(12a/b)を2撃されました。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-04-26 21:28 | 活動報告 | Comments(0)
備中じゃろう岩、2ルンゼ、岡山エリア 4月18日
b0077448_2126692.jpg

岩波です。
今日は、佐々木さんとじゃろう岩の、よいではないか(12a)を狙って備中に行きました。
いつものように2ルンゼのアップルートへ行き、今日はお互いに10aと9を1本づつ登って、じゃろう岩に向かいました。

この後は、ルートの内容を書きたいので、オンサイトトライの方は読みとばしてください。

前回終了点までいったとはいえ、ムーブが固まっていないので、私からトライしました。
ボルト3本目までは余裕でこなし一度テラスまでクライムダウン、しっかりレストしボルダームーブに向かいます。前回の佐々木さんのトライを参考にして、コルネにヒールフックをかけガバを取ろうとしたのですが、射程距離外。スタンスを変え取りに行くも、落ちてしまう。自分にはとても遠いホールドに感じるけど、他の悪いホールドを持ったり変に中継してみても行けそうもないので、ビレイの佐々木さんには悪いが、何度も打ち込ませてもらう。
かなり打ち込んだところで、次のクリップポイントまで行きクリップするも、このルートの面白いのはここから。そこからルートの内容ががらりと変わる。(岩波、佐々木とも同意見)それまでのボルダームーブと違い、悪いカチが続き、スタンスも悪い。当然テンションが入る。
次のカチガバを取るのまでが核心だが、かなりムズイ。しかし何度も打ち込むうちに、何のひょうしかガバをスタティックに取ることに成功。そのムーブと終了点までを何度も打ち込み、下へ降りる。

次は佐々木さん。前回核心まではマスターで行っているので期待大。
そのとおり、私が苦しんでいるガバを取るムーブもヒールフックをしたまま楽に取り、危なげなく核心へ。前回ムーブが出来ていたので、すべて危なげなく、いよいよカチガバを取るところまで行く。思い切って右手を伸ばし手が、かかったと思いきや、押さえきれずフォール。おしい!その部分をしっかりうち込んで下まで降りてきました。

昼食のおにぎりを食べ、私のトライ。最初のボルダームーブさえ出来れば何とかなりそうなので、そこのガバホールドをとることだけ考えて取り付きました。
最初と同じムーブをこなし、いよいよガバへのデット。気持ち、さっきより近く見え思い切って飛びつく。足が切れるもホールドをしっかり捕らえ、次のホールドへ。これもしっかり握り、つぎのクリップホールドへデッド。これも止まり、クリップ後シェイク。
初めてここまで来たので、自分自身に落ち着くように言い聞かせ、さっき打ち込んだムーブに入る。右のカチを取り、体を振ってクリップ後、核心に入る。悪いスタンスに足を上げ、さっき練習したようにホールドを持ち、左足を上げるとスタティックにガバが取れ、思わず声が出てしまった。その後のスラブは、ともかく落ち着いて落ち着いて登り、RPすることが出来ました。
通算3回と今までの自分では考えれなかった回数で登れ、終了点でも思わず声が出てしまいました。下へ降りてきて佐々木さんとがっちり握手。

次は佐々木さんの番です。
テラスまでは問題無くボルダー部分へ、気持ちさっきより危なげに見えるも、さすがにこなしクリップポイントへ。さっきの失敗があるので、慎重に、それでいて落ち着いてレストしながら核心へ。さすがに、今回は危なげなくこなし、ビレイしていても、余裕を感じました。ロワーダウン後、前回に続きかたく握手。2人とも成果が出て最高の日になりました。

しかし時間はまだ13時を回ったところ。実は、よいではないかを登れたら、リボルトされたルートを登ろうと言っていたので、2ルンゼに移動しました。佐々木さんがダンゴのリズムを登り、私はとりあえず、半バナで落ちなかったら、ぬれ棒。という感じで、取り付きの半バナを登るも、ぬれ棒はムーブが出来ず回収です。

その後、後から来た塚本さんと合流し、岡山エリアへ向かいました。ここもこの前リボルトされており、一番簡単そうなルートから向かいました。
しかし、これがムズイ。なんとかOSはしたけどとても9・8?には感じませんでした。しかし内容はとても面白く、もっと早くこのエリアへ来なかったことを後悔するほどでした。
次に塚本さん、肩を故障し久しぶりのクライミング。それでも粘りながら登り、核心でかなり頑張り思い切って行くもフォール。年末に11クライマーになった塚本さんも結構厳しく感じたようです。次は佐々木さん、ビレイしているほうは安心して見ていられます。それでもかなり考えて登り当然OS。面白い面白いの連呼です。
この後16時過ぎまで3本のルートを登りましたが、どれも面白く、そして厳しかったです。塚本さんがRPし今日は終了。佐々木さんともっと登られていいエリアだと確認しました。今日もいっぱい登り、おいしいビールが飲めました。

今日岡山エリアに来たのは、島根の阪井さんが中心になって備中のリボルトをしてくれたおかげでした。この場を借りてお礼とさせていただきます。ありがとうございました。また機会がありましたら出来る範囲でお手伝いしたいと思います。

写真は岡山エリアでRPする塚本さんです。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-04-20 21:24 | 活動報告 | Comments(0)
C5TOUR 第1戦 湯原大会決定!

b0077448_9472619.jpg
恒例の名和クライミングコンペも、昨年からC5TOUR 第5戦に組み込まれ、
いっそうの盛り上がりを見せております。

今年もいよいよC5TOURが始まります!
詳しくはこちら↓
http://c5-tour.hp.infoseek.co.jp/
http://kwan4067.hp.infoseek.co.jp/20050619_yubara.pdf
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-04-19 21:22 | お知らせ | Comments(0)
リボルト講習会
b0077448_2119811.jpg


皆さん、こん○○は。佐々木です。
ゲストブックにて、島根フリー協のgakuさんより情報を頂いていた、JFA主催のリボルト講習会に参加してきました。
一緒に参加した辻さんも僕も、10日は都合が悪く9日だけの参加となりましたが、ボルトや支点について知識を深めることができ、一日だけでも大変勉強になりました。

まずはじめに、岡山エリアにて講師の井上D-suKe氏から、ボルトの種類や材質の説明があり、次にリボルトに使用する用具の紹介と、大まかな作業工程を説明してくれました。
その後は質問タイムとなり、どんな質問にも丁寧に答えておられました。

いよいよ実際の作業となりましたが、今回の講習会は17人と大勢参加したので、作業は岡山エリアと2ルンゼの2つに分かれることになりました。
最初に僕と辻さんは、他の何人かと一緒に、井上氏のリボルト作業を、すぐそばで見せていただくことにしました。
抜いたボルトを見せてもらうと、岩にあまり入っていなかったり、錆び付いていたり、拡張ボルトのくせしてほとんど拡張していなかったりと、よくもまあ、こんなボルトで今まで事故が起こらなかったものだと思うものも、1本や2本ではありませんでした。

昼を過ぎた頃、gakuさん達が辻さんを誘って2ルンゼに行くというので、僕も付いていくことにしました。
作業をしたのは、名和クライミングクラブの皆も一度はお世話になったことがある、ダンゴのリズム。
最初にザイルをフィックスして、辻さん、gakuさんの順でトライしました。

ユマーリングして、スカイフックで岩から体がはがれないようにして、メガネレンチでナットとハンガーをはずす。
次に、ボルトの上(もしくは下)にハンマードリルで穴を開け、タガネでボルトが抜けやすくなるよう、
穴を修正。ハンマーで上下に叩き、緩くなったらロッキングプライヤーで引き抜く。
ボルトの長さまでドリリング。ワイヤーブラシで清掃、エアーで切り粉を吹く。(3回ほど繰り返す)
穴の入り口を面取りし、新しいボルトと岩の面修正。次のボルトに移動。
(新しいボルトはケミカルで設置します。)

基本的にはこの繰り替えしですが、ナットが固着していてはずせなかったり、岩の形状によってメガネレンチがかけられなかったりと、思うように作業が、はかどらなかったようです。
しまいには、穴から水が噴出して掃除できなかったり、ドリルが折れたりetc・・・。
最後はハンマードリルのバッテリーが切れ、丁度良い時間となったので、本日の作業は終了となりました。

実際に僕が作業する時間は無かったのですが、リボルトがどれほど大変なものか、良く分かりました。
リボルト作業をしておられる方々には、心から頭が下がります。

僕達も、今回の講習で得た知識や経験を、少しでも地元に還元できるよう、活動していきたいですね。
また、普段何気なく使っているボルトも、実は・・・。
なんてことがあるかもしれません。自分の身を守るのは自分だけです。
皆さんにも、ボルトや支点の知識を深めることをお勧めします。
今度同じような機会がありましたら、ぜひ一緒に参加しましょう。

最後になりましたが、遠方よりリボルト講習に来てくださった講師の皆様と、情報をくださった島根フリー協のgakuさんに感謝したいと思います。
ありがとうございました!
b0077448_21194932.jpg


                                   写真・・・作業中のgakuさん
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-04-10 21:17 | 活動報告 | Comments(0)
備中2ルンゼ 、じゃろう岩 4月7日
b0077448_21151183.jpg

岩波です。クラブ会員の皆さん、昨日は総会ご苦労様でした。2年間頑張りますので、ご協力よろしくお願いします。

今日は先週に引き続き、佐々木さんと備中の2ルンゼに行ってきました。私は今週もバナナおくれ、佐々木さんは寺島ルートです。

まず、2人とも10aでアップし、佐々木さんが半分ババナを登り、バナナおくれの終了点までヌンチャクをかけてきてくれました。感謝です。
早速、私の今日のトライの始まりです。ヌンチャク3本目まで染みだしが多く、少しスリッピーながらも半分バナナを登り、いよいよバナナおくれの部分へ。
先週に落ちた最初の核心も越し、最後のハング越え。トレセンで同じようなムーブを練習したせいか、スタティックにポケットを取ることが出来、いよいよガバへ。しかし足が上がらず、思い切ってランジするも落ちてしまう。ムーブとスタンスを確認して下へ降りる。

次は佐々木さん。寺島に取りつくが、下のクリップホールドが濡れていて、まさかのテンション。とりあえずホールドを掃除し、中間部の核心へ。いろいろ探るも苦手なムーブか、なかなか出来ない。何度か打ち込むうちに突破し、終了点直下にくるも、最後のムーブで苦しみ残念ながら敗退する。

次は私のトライ。しっかり休み登りだす。半バナのレストポイントで最初よりもしっかり休み、おくれ部分へ入る。最初の核心で左手が止まったがはじかれそうになり、ガバホールドへ必死で飛びつき、これも止まる。もう一回レストし、最後のムーブ。ポケットはしっかり取れ、後はガバを取るだけ。慎重に足を上げると、しっかりホールドをつかみ完登出来ました。ヌンチャクをかけてくれた佐々木さん、ありがとう!下まで降りると先週同様、佐々木さんとかたい握手が出来て最高でした。

その後は平日なのに結構人がいて、寺島ルートが順番待ちになり、佐々木さんは今日の寺島ルートは終了でした。
その後2人でじゃろう岩に行き、よいでわないかをトライ。

まず、佐々木さんが取り付き初見ながらも、最終クリップまでせまり、もしかしてこれは行くのかと思うも、やはりその後が厳しくテンション。しかし、気合の入った登りでナイスクライミングでした。

その後私もやるも、ボルダームーブがやっとやっとで、ほとんど各駅停車でひぃひぃいいながら抜けました。なんかバナナおくれよりかかりそうな気がしました。

しばらく休憩して、佐々木さんがもう一便出すも疲れているのか、先ほどより下でテンション。しかしムーブが出来ているので、完登は近そうです。
最後に私がバットマンを登って終了です。今日はうまいビールが飲めました。

今日は平日なのに用瀬小屋に人がいて、寺島は4人待ちとなりました。
今日の2ルンゼとじゃろう岩の写真を添付しますので、見てやってください。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-04-08 21:05 | 活動報告 | Comments(0)
備中2ルンゼ 「バナナおくれ」 3月31日
b0077448_2135792.jpg

岩波です。
今日は佐々木さんと2人で備中の2ルンゼに行きました。
2人の狙いは、バナナおくれ(12a)。
簡単なルートでお互いにアップし、まず私からトライ。
半分バナナの部分はマスターで抜け、いよいよ、バナナおくれの最初の核心。辻さんからムーブを聞いていたので試すもテンション。その後、スタンスを探しているうちにムーブ解決。その上のレスト部分を確かめ、上部の核心をトライするもなかなか出来ない。何とか抜けるもスタンスがいまいちわからない。

次に佐々木さん。
この前の日曜日に上まで抜けているものの、今日は何か動きが硬い。
しかし半バナ部分を抜け、バナナおくれの最初の核心を気合で突破。いよいよ最後の核心ムーブも雄たけび一発で突破。
通算2撃で完登!かっこよかった!おめでとう。

私も再度アタックするも半バナを過ぎた後の核心で落ちてしまう。その後は上の核心を散々打ち込み回収。次回に持ち越す。
その後は2人で寺島ルート、ダンゴのリズム、奥の手、象の鼻、半バナを5時前まで打ち込み今日のクライミングは終了。終わってみれば8便、6便と今日もいっぱい登りました。天気もよく昼からはおもわず裸族になって登ってしまいました。今日は天気が良くて気持ちよかったし佐々木さんRPおめでとう。皆もどんどん山に行きましょう。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-04-01 21:02 | 活動報告 | Comments(0)