<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
備中(権現) 5月26日
今週末は、用事があるのでHodaさんに連絡し、平日に権現谷に行きました。
日曜日に帝釈に行ったので、3日間レストした。
今日の狙いは、モモちゃんバリェーション11b/C(最近のトポでは逆さでシェイク)。

アップした後、HodaさんのOSトライ。レストポイントを知っているが、言えないのもつらい。
しかし、そんなことも関係なく、核心を突破。OS成功、おめでとう。さすがである。

その後、私のトライだが3年ぶりで、ほぼOS。核心で捕まってしまう。
結局3トライして最高到達点は上げたが、RPならず。
仕事が忙しく体調が悪かったと言い訳をするが、所詮へぼなだけである。

Hodaさんは、もも(12a)をトライしたが、やはり厳しいらしい。一緒にトライできないのが歯がゆい。
次回の山行では成果をあげたい・。
b0077448_1549898.jpg

写真1枚目 権現谷 
b0077448_15493321.jpg

写真2枚目 ももバリエーション(11b/C)を登るHodaさん
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-05-28 15:47 | 活動報告 | Comments(0)
帝釈(奥村第一道場) 例会山行 5月22日
5/22 名和クライミングクラブ(NCC)の例会山行に行きました。
メンバーは私とYoneさんM田さんEISSムコちゃんの5人。例会山行らしくなりました。
駐車場に着いたところで雨、しかし雨に強い第一道場なので向かってみる。案の定岩場はカラカラ(外は雨だけど)
早速登り出す。私は、いただきます(11a)からアナコンダ(12b)へ行きアッププラスヌンチャクがけ、他の人は白帯を登る。
ムコちゃんが白帯(5.9)RP、おめでとう。
EISSとアナコンダトライするも今日はRPならず。しかし2人ともムーブが出来たので次回頑張ります。
M田さんはTRながら、いただきます(11a)、ケロケロ(11a)、ウナトポス(10b)と登り楽しんでいるようでした。
Yoneさんはアプローチ中、胸を打っていまいちながならも、いただきますを再登、ケロケロも上まで抜けてました。

今回はムコちゃん以外成果なしですが、怪我があったりホールドが掛けたりトラブルに見舞われました。
b0077448_15444953.jpg

写真1枚目 駐車場にて
b0077448_15452010.jpg

写真2枚目 ウナトポス(10b)をトライするムコちゃん
b0077448_15455140.jpg

写真3枚目 ケロケロ(11a)をトライするyoneさん
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-05-27 15:41 | 活動報告 | Comments(0)
2005年4月の活動報告
4月2日 備中(長屋坂)辻、森田
     森田さんがオンサイト祭り!

4月3日 備中(ニューエリ)辻、森田、塚本、佐々木
     辻さん、ランコロ(12b/c)トライ中。
     森田さん、フェイス(10a)オンサイト。
     塚本さん、二度目の春(11b)レッドポイントならず、肩を痛める。
     佐々木さん、水の泡(12a/b)初トライ。ムーブ解決。

4月6日 第3回名和クライミングクラブ総会 
    1、挨拶
    2、幹部改選及び組織改革について(体協委員、事務局、美化委員の新設)
    3、前年度活動報告
     (6月ボーイスカウト、9月クライミング講習会、12月C-5、例会山行、個人山行)
    4、会計報告(収入、支出、新規購入品)
    5、17年度活動方針について(ハーフマラソン、ボルダー壁増設工事、C-5、ヌンチャク交換)
    6、会費及び保険の徴収(山岳共済保険について)

4月7日 備中(2ルンゼ、じゃろう岩)岩波、佐々木
     岩波さんが、バナナおくれ(12a/b)をレッドポイントされました。

4月9日 備中(岡山エリア、2ルンゼ)辻、佐々木
     JFAリボルト講習会に参加しました。詳細は活動の記録のとおり。

4月16日 備中(権現)辻、岩崎、米村、森田
     米村さんが、留吉(11a)をレッドポイントされました。

4月17日 三角山ハイキング 佐々木×2

4月18日 備中(2ルンゼ、じゃろう岩)岩波、佐々木
     岩波さんと佐々木さんが、よいでわないか(12a)をレッドポイントされました。
     岩波さんは3撃です!
      
4月23日 備中(権現)辻、佐々木
     佐々木さんが、留吉(11a)五右衛門(11b/c)をオンサイトされました。
     辻さん、佐々木さん、でえか・・・(12c)をトライ。ムーブ解決。 

4月24日 中蒜山~上蒜山縦走 佐々木×2
     高原牛乳と高原アイスがうまかった!(佐々木穂)
      
4月29日 帝釈(奥村第2道場)岩波、米村
     岩波さん、バラクーダ(12a)トライ中。
     米村さん、いただきます(11a)トライ中。

4月29日 牛臥山 佐々木夏、他1

春合宿(神庭)
4月29~5月2日 北アルプス剣岳(小窓尾根) 神庭、他2

5月3日 三倉 神庭、他2

5月4日 戸河内 神庭、他7

春合宿(辻、佐々木)概略です
4月29日 鳳来(治山水)
     辻さん、お散歩すえちゃん(11a)オンサイト、鴨南蛮(11C)レッドポイント他。
     佐々木さん、春夏秋冬(11c)オンサイト、鴨南蛮(11c)2撃他。

4月30日 鳳来(鬼岩)
     辻さん、ALLER(12c)をトライ。ムーブを解決し、2テン他。
     佐々木さん、鬼のウォームアップ(11c)、アフターザレイン(12a)オンサイト他。

5月1日 鳳来(鬼岩)
     辻さん、ALLER(12c)をトライ。1テンまで漕ぎ着ける。
     佐々木さん、留年(11d)、大洪水(11d)オンサイト他。 

5月2日 小川山(くじら岩、他)
     辻さん、ダイレクトフィン(3級)完登他
     佐々木さん、ダイレクトフィン(3級)、エイハブ船長(1級)完登他 
      
5月3日 瑞牆山十一面正面壁 ベルジュエール 
     鳳来~小川山~瑞牆の詳しい合宿報告は、また後で…(佐々木穂)

5月3日 毛無山~白馬山縦走 米村ファミリー

5月8日 宝仏山 米村ファミリー 
     
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-05-24 15:40 | 活動報告 | Comments(0)
帝釈(奥村第一道場) 5月14日
b0077448_1536838.jpg

写真 いただきます(11a)をRPトライするyone氏。

岩波です。今日はhodaさんyoneさんM田さんの4人で帝釈、奥村第1道場に向かいました。
久しぶりの大人数で道中は楽しく過ごせました。

今日の成果ですが岩波はバラクーダ12aをRP、yoneさんいただきます11aをRP。2人ともやっと落とすことが出来肩の荷が下りました。

道場初めてのM田さんは白帯5・9を1撃。その後はさんいただきます11aやウナトポス10bをトップでトライしていました。次回RP頑張って。

合宿明けのhodaさんは調整で彼にとっては簡単なルートを登っていましたが、最後に岩波が出来なかったアナコンダ12bを軽く回収してくれました。RPしていると言ってもさすがです。

それぞれ成果のある山行でした。皆さんもまた一緒に行きましょう。

b0077448_15363368.jpg

RP成功しガッツポーズ。

b0077448_15365397.jpg

いただきます(11a)をTRトライするM田氏
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-05-15 15:35 | 活動報告 | Comments(0)
組織の発展段階
 少しの間、皆さんには、稚拙で、退屈な昔話に付き合ってください。
 二代将軍、秀忠の治世、江戸城下は、ようやく首都としての体裁を呈し始めました。そんな時に、三代将軍家光は誕生しました。城下の町人たちは、それを祝うべく、それぞれの職人集で、神輿を造り、神社に奉納することになりました。刻限は、1ヶ月以内です。

 火消し集は、カシラの意思の元、富士山を象った神輿を作り始めました。普段、火消し達は、あまり経験がないものだから、慣れない手つきで、大工道具を操り、カシラの命令のままに、一生懸命、作りました。

 町の商人達は、何を作ろうかと、皆で相談し、やがて、鶴亀を屋根の上に抱いた神輿を作り始めました。商人たちも、慣れていませんでしたが、一々、みんなで相談し、協力し合いながら、神輿を組み立てていきました。

 大工の棟梁たちは、最初、世間話に花を咲かせ、酒を飲み、久しぶりの再会を大いに楽しんでいました。そして、日光東照神宮の陽明門を象った神輿を作ることが、ようやく決まりました。変った事に、彼らは、申し合わせることもなく、ばらばらに、それらの部分部分を、各々勝手に造りだしました。ある棟梁は、干支や中国の故事を題材にした透かし彫りを彫り、ある棟梁は、柱細工、そしてある大工は、それらを組み上げると言う風に、各々の得意な技を存分に発揮し、楽しみながら造りました。

 さて、最初に出来上がったのは、カシラの指揮の元、ものすごい勢いで造った、火消し集の神輿です。その風合いは、富士山がやや聳え立ちすぎて、荒削りではあるものの、力強く、勢いのあるものになりました。
次に出来上がったのは、商人たちのものです。その作風は、緻密で調和の取れた、優雅なものになりました。
最後にできあがったのが、大工の棟梁たちのものです。のんびりと楽しみながら造っていたので、それは刻限ぎりぎりというものでした。その作風は、個々の大工達の作風があらわれ、混然と一体となったものでしたが、それらが不思議と調和し、ユニークなものになっていました。
この3つの神輿は、それぞれにいい出来栄えで、将軍も至極満足されましたとさ・・・。

話は、大変長くなりました。この話は、実は、組織としての発展度や成熟度をあらわしています。すなわち、形成期に求められるのは、カシラのような、一人の独裁者であり、その人の情熱によって、周りの人々は動かされ、そして、一つのものを作り上げていきます。その時には、あまり話し合いは必要とせず、したとしても、さほどの成果は顕われないのです。そして、それは荒削りですが、勢いがあり、力強いものであります。反面、構造的には、一人に寄りすがっているので、脆弱です。
成長期に求められるのは、その組織の構成員達による、結束と協力で、それによって、一つ一つ物事を進めていく事です。それにより均整の取れた調和と組織の強さを生み出します。
そして、究極の組織の姿が、棟梁たちなのです。それぞれが、自分達の領分を心得ており、それぞれの判断で動き、一つの方向に向かうというものなのです。

名和クライミングクラブ設立以来、今年で、足掛け3年になります。今回の組織改変で、幹部の数が大幅に増えました。我々の今ある組織の姿は、一体どの段階のものなのでしょうか?間違いなく、火消し集から、商人集へと変貌しつつあると、私は思います。そして、この調和を円熟なものにしたとき、棟梁たちの姿に近づくのだと思います。そのためには、各々が、そういう意識を持ちながら、活動していくことが大切です。その意識とは、名和ボードをこれからも自由に使っていくためには、やはり、周りから認められ、節度ある使用や維持・管理をしていかなくてはならないという事です。この自分達のボードを自由に使うことと、その維持管理を責任もってやっていくことは、表裏一体の関係にあり、この「自由と自治」の意識こそが、当クラブにとっての基本理念とするものであると、私は信じております。

平成17年4月6日(水)第3回名和クライミング
クラブ総会のあった日の深夜、自宅にて思ったこと。
                 名和クライミングクラブ事務局長 辻  信 広

※この物語は、フィクションであり、史実や時代考察も、でたらめです。分かり易く説明するために勝手に作ったものです。
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-05-10 15:31 | 局長のひとりごと | Comments(3)
帝釈(奥村第2道場)5月5日
5月5日の下帝釈へクライミングに出かけました。エリアは奥村第2道場、天気は晴天で特に午前中は日射があり、かなり暑かったです。午後は日陰になり爽やかな風にふかれて気持ちよかったです。
メンバーはEissくん、ムコちゃん、moriさん、yoneの4名です。
クライムのほうは、ムコちゃん「ファーストラブ」で初のRedPointを達 成し(写真1)、さらに「いってきます」を試し。
moriさんは「ファーストラブ」をフラッシングされ、「いってきます」もフラッシング狙いでリードするも(写真2)僅かに及ばず。とかなりの成果も挙がりました。
Eissくんは「おはようございます」を軽やかに踏破し、ドッかぶりの上部エリアを試登していました。
yoneは「おはようございます」をTRしましたが(写真3)ムーブの解決さえ出来ずに今回も成果無しに終わりました。
今回初めてのメンバー編成で出かけ、お互いに刺激を受けた楽しい山行でした。(米村)

b0077448_1528291.jpg

ファーストラブをらくらくこなすムコちゃん
b0077448_152978.jpg

いってきますをリードするmoriさん
b0077448_15294781.jpg

TRクライマー、yone
[PR]
by nawaclimbingclub | 2005-05-09 15:25 | 活動報告 | Comments(0)