沢登り行きます!
6月14~15日、東赤石山系 権現山床鍋谷に、T字、Matsu君で沢登り行ってきます。
興味のある方、ご一報ください。



概要
6月14日(土)17時半米子発→21時別子山麓着 テント泊
6月15日(日)5時40分起床。7時半床鍋出発→11時権現乗越→権現山往復→13時東赤石山→13時半赤石山荘→15時半瀬場→16時床鍋→19時帰宅

記録
14日 17時半、マッちゃんが仕事を終えて、自宅に迎えに来た。気温は28度で少々暑く、沢登りシーズン到来かという感じで、意気揚々と米子を出発した。
 20時半頃、登山口周辺に到着して、そのあたりをウロウロして今日のねぐらを探した。21時何とか快適な場所にたどり着き、テントを張って宴会。周辺には鹿の群れがおり、ワイルドな所だったが、きれいなトイレがあり、静かで素晴らしい所だった。23時就寝。

15日 夜は久しぶりに熟睡できたおかげで、気が付いたら明るくなっていた。あまりに気持ちいいので、朝寝坊覚悟でシュラフにくるまり惰眠をむさぼっていたら、マッちゃんがゴソゴソ起きだしてきた。仕方がないので、つられて起きる。時計を見ると、何と5時40分!朝食をとり、テントを畳み、沢支度を整えてから、床鍋登山口に車で移動した。
 7時半出発。気温17度。天気は晴れ後曇り。ブログの情報では朝一で泳いだ記録が載っていたので、こんな中で泳ぐのかと沢登りに来てしまったことを、少し後悔しながらの出発となった。
 結局、本格的な泳ぎは無く、滝も2,3本の大きな滝を除いて、ほとんどが直登できた。水量は梅雨時期なので、少し多かったと感じた。ザイルは3,4回ほど保険で使用した程度で、シビアなクライミングは無かった。ギアはカム類やチョック類を持って行ったが、クラックシステムがあまり発達していなかったため、ほとんど使うことが無かった。むしろ、ハーケン類を数本持ていった方が有効だったかもしれない。
 沢は大変美しく、遡行自体は楽しめた。また、沢の終了が一般登山道なので、藪漕ぎもなく、苦も無く稜線にたどり着けた。初心者向きの沢といってもよいだろう。
 少し物足りなかったので、権現乗越から権現山を往復し、さらに東赤石山まで縦走した。この山系は岩がゴツゴツして、アルペン的な景観を楽しむことができた。本来なら瀬戸内海や石鎚山などが望めるはずだが、ガスがかかり遠望が望めなかったのが残念だった。岩は、赤石という名がつくだけあって赤みを帯びた茶色の岩であり、山全体が赤みがかっていた。
 下りは瀬場谷コースの一般登山道を下山した。瀬場谷は大きな滝を連ね、魅力的な沢だった。
 15時半に瀬場の集落に到着し、車を置いた場所までのんびり車道を歩いて帰った。この谷の本流である銅山川は大変美しい渓谷だった。
 帰りは、愛媛県内の国道11号線沿いのうどん屋で讃岐うどんを食った。値段が安く、ボリュームはあったが、うどんは・・・。

b0077448_16391164.jpg

b0077448_16394658.jpg

b0077448_16424260.jpg

b0077448_16425577.jpg

b0077448_16431282.jpg

b0077448_16433027.jpg

b0077448_16435064.jpg

b0077448_16443227.jpg

b0077448_16445053.jpg

b0077448_1645963.jpg

b0077448_16452681.jpg

[PR]
by nawaclimbingclub | 2014-06-09 16:57 | Comments(0)
<< 6/10クライミング 6月7日クライミング >>